UPDATE : 2020.4.9 목 13:58
상단여백
HOME OPINION 사설·칼럼 社説·コラム
引越し祝いで労使関係が円満
아시아씨이뉴스 | 승인2020.02.26 13:42

日本と韓国の違いを一つ挙げるとすれば、引っ越し祝いを挙げられるのではないかと思う。

韓国語の辞書で집들이(チプトゥリ)とは、(1)引っ越し、新居へ転居すること、すなわち引っ越しを意味する場合と(2)引っ越した後に近所の人や友人を招待しお祝いのホームパーティを開くという意味の場合がある。最近はほとんどなくなったが、ソウルで1980年代初頭までは、職場の同僚たちを家に招待し一緒に食事をすることが非常に多かった。

これに比べ、日本では職場の同僚を家に招待し食事を提供するケースはそれほど多くないようだ。日本では、家に招待する場合も寿司などの料理を出前し提供することが多いが、韓国では家で料理を作りもてなすことが多かった。ただし、地域によって若干の違いがあり、最近の引っ越し祝いでは出張料理サービスや出前を利用するため、家で食事を準備することはほとんどなくなったようだ。

引っ越し祝いとは言わないが、ソウルよりは地方で旧正月に職場の上司が部下を家に招待し、食事をする文化がまだ残っているようだ。この場合、上司の家で新年の挨拶をし、食事をした後、花札やカードで夜まで遊ぶことが多い。

最近ソウルの企業は、新年の初め1月2日午前に新年の始務式を行い、旧正月に会社の従業員に正月の贈り物をする。そして、親しかったり尊敬する上司や学生時代の恩師の家を訪ね新年の挨拶をすることもたまにある。

日本人駐在員たちの中でも、上記のような韓国の引っ越し祝い文化を理解し、これをうまく利用している方は、部下との関係が厚く労使関係の問題がないことが多い。筆者の知り合いの2人の日本人駐在員の事例を紹介する。

最初は、釜山の製造合弁会社の副社長を務めていた日本人駐在員の事例である。彼は単身赴任で韓国に5年ほど勤務した。この方は、従業員と2~3ヶ月に一度飲み会をし、お正月の連休には一人で住む家に招待し、夜遅くまで従業員と過ごした。逆に教授出身でその会社の韓国人社長は実家はソウルにあり、本人だけ釜山に住んでいたのだが、20年間従業員を釜山所在の社長の家に招待したことがなかった。だからなのかは分からないが、従業員の韓国人社長より日本人副社長に情を持ち悩みを相談するケースを見た。

二つ目の事例は、ソウル所在の貿易会社の代表で約20年間、韓国で勤務していた日本人駐在員のケース。彼は1年に数回ずつ引っ越し祝いを開いたりしていた。「韓国人も引っ越し祝いを嫌がるのにどうして引っ越し祝いを何度も開くのか?」と尋ねてみたところ、「必ず家で料理を作るのではなく、ある時は中華料理店で、ある時は寿司屋で料理を注文したりして、またある時はサムギョプサルだけ用意し、引っ越し祝いを開く」という返事を聞いたことがある。この話を聞きながら、韓国人は一緒に集まって食べて遊ぶことが大好きで、これを通じて情を築いていくのではないかと考えた。

先日、忠清道にある製造会社の社長に新たに赴任した日本人社長(単身赴任)に会ったのだが、「従業員が引っ越し祝いを開けと催促してきたのだが、一人暮らしでどうやって引っ越し祝いをすればいいのか?」という質問を受けたことがある。これに対する答えとして、家で料理をせず、出前を取ったとしても、従業員が社長の家を訪問し一緒に食事すること自体に喜ぶだろうと引っ越し祝いを積極的に薦めたことがあった。

前にも書いたが、最近ソウルでは、職場の同僚を家に招待する引っ越し祝いはほとんどなくなり、新婚夫婦が結婚式の後、親しい友人だけ招待する引っ越し祝い文化が残っている。筆者が勤務するKPMG Korea(サムジョン会計法人)に2010年8月KPNIG Japanから新しい会計士が赴任してきたが、彼はソウルに来る前、私の本を読み、ソウルに赴任し筆者に伝えた言葉が「妻がソウルに来る前に、従業員を招待する引っ越し祝いを開く。」だった。ソウルではしないことが慣行になったと説明してくれたことがある。

아시아씨이뉴스  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

icon
iconCOMPANY&PRODUCTS
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌딩615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2020 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top