UPDATE : 2020.1.22 수 17:54
상단여백
HOME COMPANY&PRODUCTS
四象体質の発展と近代的な応用
아시아씨이뉴스 | 승인2019.12.27 18:17

1900年代を前後し、体質を主張した東武李濟馬先生は、「100年後には体質がすべての人々の主関心対象になるだろう。」と述べました。

実際に、2000年代を前後に韓国医学界で四像体質は話題にのぼっていました。

四象体質とは何を言うのでしょうか?

まず体質とはからだの本質として持って生まれたからだの身体的特性を意味し、四像体質とはここにさらに進み人体の病気の治療及び病気の予防の方法を模索した当時としてはかなり先進的な医学の方法でした。

四象体質の基本的な理論を現代医学的な次元で説明すると、四象体質の分類は、太陽人(肺大肝小:肺の機能が旺盛で、肝機能が弱い)、太陰人(肝大肺小:肝の機能が旺盛で、肺の機能が弱い)、少陽人(脾大腎小:脾臓の機能が旺盛で、腎臓の機能が弱い)、 少陰人(腎大脾小:腎臓の機能が旺盛で、脾臓の機能が弱い)の4つの体質に分けられています。もちろん、ここで言及する肺臓、脾臓、肝臓、腎臓などが、現代医学のそれらと完全に一致しているとは限らない。それを含む機能的な側面と関連があると考えれば良いです。

ところが韓国医療界では、まだこれを補完し、また、100年以上前に発表された四象体質を凌駕する新しい体質理論を発展的に発表することがなかったという残念さがあります。
筆者がこれまで研究したところでは、人それぞれが四象体質以外に、銀、金、玉、銅体質に分類される既存の四象体質を補完する体質分類法がまたあるということです。つまり体質上の問題点を改善し、各個人に合った体質的な治療をすることができるようにしてくれるということです。

韓国人の場合、2003年の末頃から2019年までの約17年余りの間に、私の医院に来院した人を統計的に分析した結果、患者の約72%では銀に反応を、約25.4%では、金に反応を、また、2.5%程度では玉に反応を、残りの0,01%程度では銅に反応を見せました。

ここで銅に反応を見せたということは、ニューヨーク心臓病研究センター所長を務めた大村惠昭(OMURA YOSHIAKI)博士のO-リング検査上、自分の体に有益なものを持った時に、視床下部(視床下部:脳の基底部に位置し、私たちの体のホルモンに対して全般的な統制をする非常に重要な脳の一部分)の機能を利用し、自分の体に有益なものを持たない反対側の手の親指と人差し指と中指を利用しつくったO-リングの血流が増加し、血液検査者の指の力が強まる性質を利用したもので、

もちろん血液検査者の体に合わない物質を着用した時、血液検査者が親指と人差し指と中指を利用して作ったO-リングが非常に力なく広がるということになります。(大村惠昭博士のO-リング検査参照)
下のグラフを見ると

に分類が可能ですが、
太陽人を例えてみると、体質上の弱点が肺大肝小すなわち、肺の機能は比較的旺盛だが、肝機能が弱いということは、肝機能をはじめとする、それと関連された消化機能が弱い人なのだが、このような太陽人が臨床で一万人に1、2人の割合で発見されます。これらの太陽人の体質上の弱点を銀の太陽人は、銀を体に持つことにより血流を増加させ免疫力などが向上されながら、補完することになるということだが、この時に銀を身に付ける形態としてはネックレスや銀の指輪などを着用することをお勧めする。

実際に筆者が体験したところでは、筆者は体質が少陰、少陽複合体質に銀が体に合う体質ですが、筆者の体質処方で体質治療をする前にはいつも風邪と消化不良に悩まされていました。(少陰、少陽人複合体質の筆者は、それぞれの体質の弱点である少陰人の症状である消化不良、少陽人の症状である腰、腎臓機能の弱さ、そして1年に一、二回程度の風邪の症状に悩まされる)しかし、体質の治療としては、銀のネックレスと銀の指輪を作り、体に着用した後は、消化不良の症状とまた腰痛の症状そして1年に一、二回かかる風邪からほぼ解放されました。

筆者の四象体質の補完とさらに一段階階発展させた体質の適用はいくらでも読者の諸賢に門戸を開けておりますので、お気軽にお問合せください。

 

キム・ビョンロ院長

*慶熙大学韓方医科大学鍼灸学科大学院修了
*1990年 ソウル中浪区中和洞にキム・ビョンロ韓方医院開院
*1989年現ギムビョンロ韓方医院院長
*現韓国基督韓方医会牧師
*現社団法人韓国医療宣教協会理事
*ウェストミンスター神学大学院M.DIV.卒業
*2004年2月
ウェストミンスター神学大学院THM課程1年修了
*2004年12月
大韓イエス教長老会ウェシン修道労会牧師按手
*2006年9月
オメガ宣教会代表牧師
*オメガ宣教教会担任牧師

病院住所:ソウル中浪区中華2棟304-34号2階
連絡先:02-495-0379/02-495-7878/010-5234-0379

아시아씨이뉴스  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

아시아씨이뉴스의 다른기사 보기
icon
iconOPINION
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌딩615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2020 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top