UPDATE : 2019.10.19 토 13:17
상단여백
HOME NEWS 종합 総合
東京30年、日本の政治を貫く 日本の歴史上最長寿首相、安倍? - なぜ日本は安倍を再び選んだのか
아시아씨이뉴스 | 승인2019.09.25 13:34

日韓関係が今までになく極端に趨っている。これは日韓にまたがる歴史問題と領土問題をめぐる対立と葛藤が根本的な原因だが、近頃日本社会の右傾化現象と無関係ではないと思われる。特に、2012年末の第2次安倍政権が発足した後、7年にわたる長期政権と極右勢力である日本会議との関連が尋常でない。

日本の政治は自民党一党支配が半世紀以上にわたり続いている。過去一時期は任期1年程度の頻繁な首相交代による政治の空白が目立つこともあった日本。しかし、ある瞬間から安倍1強体制が強固に根付きながら日本の右傾化は水面上に顔を出し始めた。

明治から始まる近代日本の憲政史に最長寿総理大臣の名前を残すことになる可能性が高くなる第98代日本国総理大臣安倍晋三。彼の長期政権は、優れた政治力とカリスマリーダーシップに起因するのだろうか?それに対する答えはノー」である。

それでは何が果たして安倍政権の長期政権を推進し、それが可能なシステムは何か。また、安倍政権以降、日本が右傾化しているということは事実か?もしそれが事実なら、右傾化の過程はどのように行われており、どのような変化をもたらすのかなどの答えを導いてくれる本がある。

日本で30年暮らしながら大学で政治と行政を講義する在日政治学者の<東京30年、日本の政治を貫く>である。

この本は、一般の大衆に読まれるように平易に書かれた。日本の政治開設とともに自民党一党支配の構造分析と弊害についても詳しく書かれている。また強固な官僚と政治との関係が政権によって変貌する過程の分析は、韓国の政治家と官僚にも示唆するところが大きい。

著者 李憲模
日本の早稲田大学で1991年から修士・博士課程を踏み、2000年に政治学の博士号を受けた。2002年の中央学院大学法学部専任講師をはじめ、助教授、准教授を経て、2010年に教授に昇進。2012年から2014年までミシガン大学の在外研究でアメリカ生活2年を除いては、30年以上を東京に住んでいる。

李憲模教授はこの本で、自分が経験した新鮮な日本の政治と日本社会、韓国を見る日本人の本音を話し、私たちが日本を敵対的な目で見るのではなくしっかり見て内実がある批判をしなければならないと強調する。

아시아씨이뉴스  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

icon
icon地方自治
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌징615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2019 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top