UPDATE : 2019.10.19 토 16:53
상단여백
HOME NEWS
指先で咲く「芸術」画伯 金茶和
아시아씨이뉴스 | 승인2019.09.25 11:21

茶和画伯は、大韓民国ムクゲ美術大展 済州島知事賞を受賞するなど、現在活発な作品活動をしている済州移住作家だ。

現在、兩水里近郊で作業室兼ギャラリーを運営しており、ソウル市江南区清潭洞のH Gallery清潭を開館し、ニューヨークGGK、日本の銀座G2、ルクセンブルクArts Coko、中国の上海文化公社を作る以前に、世界中のギャラリー&企画会社と共同し作家たちが、より広い世界に進むことができる橋頭堡の役割をしようとコミュニケーションの空間を設け継続的に優れた作家を発掘している。

金茶和作家は、これまで個展を13回、グループ展は数回参加してきた。

2013年に東京であった彼女の11回目の個展であり最初の日本の展示会「日本国宝の原点 大井戶茶碗 東京に来る!」というテーマで開かれたこの展示会では、日本の国宝に指定された大井戶茶碗を油絵で製作した作家の金茶和の茶器の作品25点が展示された。

続いて2015年には「済州の神話を描く」金茶和画伯の作品展示会が済州西帰浦市芸術の殿堂館で開かれ、2016年2月29日から3月21日まで済州キム・マンドク記念館1、2階で「金茶和 - 済州の光を分ける」新年企画展を開いた。キム・マンドクの分かち合いの象徴である米をモチーフにした井戸茶椀をテーマにした作品は、当時分け合おうとしたキム・マンドクの心と精神を再確認することができた。金茶和作家が見た済州の自然の神、海をテーマにした作品は、これまで私たちが当たり前に思っていた済州の宝物をもう一度照してくれる機会となった。

金茶和作家は、今後の作品世界は済州玄武岩で感じたあらゆる形状を作品化したように陸地では岩で有名な霊岩の大いなる岩の顔を、金茶和の視覚で作品化させてみるという計画を明らかにし、韓国の作家を世界的な作家にするために、韓国美術の芸術的価値を全世界が楽しめる日を期待し最善を尽くして相生の道を模索し架け橋の役割ができるよう努力すると伝えた。

●金茶和画伯 (gdh7753@naver.com)

現) 金茶和ギャラリー代表

現) 北朝鮮カン美術人会 会長

現) 詩人協会 会員

現) H Gallery清潭 館長

現) ニューヨークGGK、日本の銀座G2、ルクセンブルクArts Coko、韓国責任キュレーター

아시아씨이뉴스  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

icon
iconPHOTOS
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌징615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2019 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top