UPDATE : 2019.10.19 토 16:53
상단여백
HOME NEWS 종합 総合
TV朝鮮代表・金民培(キム・ミンベ)「激動の日韓関係、その後は...?」
최승준 기자 | 승인2019.09.17 15:29

TV朝鮮代表,金民培(キム・ミンベ)

アウマダンフォーラム(会長カン・ソンジェ)を率いる17回目<名士招請特別講演>は8月29日TV朝鮮キム・ミンベ代表が行った。講義のテーマは、「激動の日韓関係、その後は?」だった。キム・ミンベ代表の講義は、日韓経済戦争に込められた秘密のコードに集中された。

歴史は栄光と屈辱、成功と退化が一緒にする。ひとつの国の歴史を築く主体は民族であり、国家だが主な変数として、もう一つの要素がある。隣国だ。接境国家とも言える。隣国である日本との1500年のにわたる歴史は善隣と競争そして対立につながった。1965年の日韓協定締結後、日韓関係が初の極限対立に駆け上がっている現在、講義内容は韓国と日本を再び考える充実した意味のある一喝だった。

まず講義の開始前にカン・ソンジェ理事長の挨拶があった。「文化が世界を変える。27年間ひとつの道を歩き、アウマダンフォーラムをきっかけに、お互いの力になったらと思う。」とアウマダンの役割を説明した。

続いてアウマダンフォーラムが歩んできた道についての話があった。

「私益のためにではなく、民衆のために歩んできた道、27年だった。」

 

アウマダンフォーラム会長・姜星財(カン・ソンジェ)

また、カン・ソンジェ理事長は「名士招請特別講義は多くの偉大な方々が参加してくださいました。霊岩のチョン・ドンピョン軍帥は、機会の窓、南道の小金剛と呼ばれる国立公園月出山にある700mの高地に位置した高さ8.9mに達する「巨大な岩の顔」を全国・世界に知らせ若者たちの夢と希望を持つことができるひとつのシンボルを作る。」という抱負を語った。

ドンピョン軍帥は霊岩への愛着が格別だった。霊岩は全国226の地方自治体の中で発展する可能性が優れるだけではなく、霊岩は82個の群の中で成長の可能性も優れた場所だと紹介した。霊岩郡は1次から3次産業までも備えていると、将来の希望のための準備として4つを挙げた。未来成長動力、農業革命産業、種子産業、機能性農産物の生産であった。無限の発展をすることができる可能性を持っている霊岩がこのような利点を育てていけば、明るい未来が幕開ける確信を持っていた。

 

田東平(ドンピョン)軍帥

アウマダンフォーラムの本イベントである名士招請特別講義は、TV朝鮮キム代表の分け前だった。キム・ミンベ代表は、外部の講義を自制することで知られている人物。1年に一、二回、外部特別講義をすると言った。今回のアウマダンフォーラムで特別講義の名士として依頼したのには理由があった。2年前アウマダンフォーラムを創設する際に命名をしてくれた縁があったからだ。「アジアは、私たちの庭」と彼が名前をつけた。貴重な縁になり、1年前カン・ソンジェ理事長が「アウマダン」フォーラムの講義を要請した。"その約束を必ず守るために今日来た" と言った。

キム・ミンベ代表の講義は、中心をつき、時代を読む力があった。歴史的な洞察と慧眼を示した。安倍首相の韓国を狙った半導体奇襲攻撃は序幕にすぎないという内容で出発した。現在の時代状況を大陸勢力と海洋勢力の対決構図で見た。大陸勢力に接する国、北朝鮮と中国、そしてロシアを一軸に見た。そしてまた別の軸である海洋勢力にアメリカを中心とした日本とインド、オーストラリアを加えた。現局面を大陸勢力と海洋勢力の21世紀型の衝突として想定し、日韓関係を解いていった。

北東アジアの覇権葛藤は、中国の屈起から出発したと説明した。 衝突現場に南北があり、大陸と海洋勢力間の衝突のど真ん中に韓国が位置していると見た。 さらに韓国の安保状況は危機状況となった。
 

彼は時代の厳しさや事態の深刻さを強く表した。現在 2019年の安倍政権の隠れている意図の深刻性を知らなければならないと語り、「現在、日本の自衛隊は安倍首相の選択によって強軍になりつつある。 日本国民によって作られたものではない」と述べた。さらに「日本の安倍首相の深い本音を読み取らなければならないということだ。 日本と韓国の経済戦争は、韓半島をめぐる北東アジア覇権戦争の一部分にすぎない」と述べた。 しかし、安倍首相の顔色だけ伺うと、この事態の本質が何なのか見逃しがちだ。 安倍首相だけを見ていると大きな意味を必ず逃す事になると強調した。

また、現在の状況を正確に把握するためには、北東アジア覇権戦争の地形図がどのような状況なのか知ってこそ、安倍首相の意図を把握することができると述べた。 "大陸勢力と海洋勢力が韓半島を中心に正面衝突している状況だ。 過去の歴史で両勢力間の力の均衡点が崩れ、衝突する時は必ず韓半島で問題が生じた。 現在の局面は非常に重要で緊迫した局面だ。"

2017年現代版皇帝に浮上した。 制度的に永久執権が可能な道を開いた。 過去、中国共産党主席の10年任期のシステムを崩し、終身執権できる道を開いた。 シー・ジンピンが追求するのは(清)帝国の栄華を再び再現することだ。 シー・ジンピンは中国が世界第1位になると貢献している。 終身政権体制で権力を結集させたシー・ジンピンの世界戦略は中国の世界制覇だ。

日本の安倍首相も今月の太平洋戦争以降、最長寿首相になる。 日本も前例のない1530日、長期政権が完成された。 安倍首相のスローガンが「グレートジャパンGreat Japan」である。 スローガンのプランは明治維新後の「帝国主義日本の復活」である。 安倍首相を頂点に力を合わせ強固な内部体制を構築した状態だ。 それにより日本は韓国に半導体奇襲攻撃をすることができた。

特に日本の韓国に対する半導体攻撃は今年1月11日、自民党の外交部会、外交調査会の合同会議で初めて口論された。 この日の会議で赤池誠章参議院は半導体戦略物資であるフッ化水素などの供給中断のアイデアを提示した。 6ヵ月以上の緻密な準備を経たのだ。

日本がアメリカとの太平洋戦争で敗北した後、連合軍と戦勝国と戦敗国である日本の間で戦後処理のために結ばれた条約がサンフランシスコ条約だ。 韓国はこの条約に戦勝国リストに入っていなかった。 我々は戦勝国の立場ではなかった。 戦敗国の日本の植民地扱いをされた。 弱小国としての涙を嚙み締める席でもあった。

文、詩人キム・ヒギョン

朝鮮半島は北東アジアの戦略的要衝だ。 日本の利益線は朝鮮半島である。 日本の安部首相が尊敬した人物がいる。 日本で「明治維新の英雄」と呼ばれる吉田松陰(1830~1859)だ。「彼は一度志を立てれば、死ぬまで諦めない」と言われていた。 吉田松陰(1830~1859)と安倍、安倍と吉田松陰、二人は座右の銘が「至誠」と共に同じ考えを持っている。 冷静に冷酷に時代を直視しなければならない。 歴史と時代に合わせて正確に対応しなければ、歴史に罪を犯す大きな「愚」を犯してしまう。


激浪の朝鮮半島に住んでいる我々は冷静な志で時代を読んで冷徹な対応をしなければならないと述べつつ、日韓関係についての講義を終えた。 キム・ミンベ代表の講義の中で特に心に響いた言葉は「知日用日克日」だった。 日本を知り、日本を利用し、日本に勝とうという言葉が胸を刺した。

アウマダンは未来への志向を持つフォーラムだ。 未来ビジョンと未来人間のための歩みをもう一歩踏み出した。

文、詩人キム・ヒギョン

최승준 기자  csj6032@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

최승준 기자의 다른기사 보기
icon
iconPEOPLE
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌징615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2019 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top