UPDATE : 2019.8.24 토 11:41
상단여백
HOME COMPANY&PRODUCTS
ウィナーステム(WinerStem)脂肪幹細胞バンク難病の治療剤と未来型医療サービス
아시아씨이뉴스 | 승인2019.08.13 11:31

現在,、細胞治療の研究が未来医療の中心となり活発に行われている。 幹細胞とは,自ら損傷したり退化した組織に移動し,分化を通じて人体の機能を元通りに戻す役割のことをいう。

株式会社ヒュリムバイオセルは2005年7月に設立して独自の技術で運営する成体肝細胞バンクであるヘルプセルバンクを運営しており、成体幹細胞研究を通じて確保した基盤技術を活用して難治性疾患のための治療剤や医療機器開発に集中している。

ウィナーステム(Winerstem)とは,"勝利者"のウィナー(winner)とすべての細胞に分化可能な幹細胞(stem cell)の合成語であり、腹部や太ももなどから脂肪を採取し、幹細胞を分離して安全に保管する株式会社ヒュリムバイオセルの脂肪幹細胞保管商品のことをいう。

左側>幹細胞分離技術 : 人体脂肪,臍帯,臍帯血,歯などに存在する幹細胞高効率分離及び確認
中央>最適な分化誘導技術 : 成体幹細胞を利用して最適分化誘導及び検証技術を保有
右側>最高の培養と保管技術 : 細胞の種類と用途別差別的培養,分析,保管技術保有で最高の細胞バンク運営

ウィナーステム(WinerStem)脂肪幹細胞の保管費用は500万ウォン、保管期間は20年であり、痴呆症予測サービス、遺伝的疾病予測サービス等の付加サービスがある。医療陣と採取方法について相談した後、採取が行われている。

現在、日本内細胞治療病院は1種、逆分化肝細胞、2種肝細胞、3種免疫細胞病院に区分され、現在ヒュリムバイオセルと連携されている免疫細胞治療病院である東京腫瘍内科(旧阿部腫瘍内科)も2種の治療の許可を待っている状態であり、まもなく幹細胞培養、増殖手術が施行される予定だという。

아시아씨이뉴스  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

icon
iconPEOPLE
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌징615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2019 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top