UPDATE : 2019.12.14 토 17:30
상단여백
HOME OPINION 사설·칼럼 社説·コラム
韓国にあるニューヨークブロードウェイ!
아시아씨이앤 | 승인2019.07.19 17:32
ユン・ホジョン

人には好きな物,そして場所があるようだ。 私には幼い頃から公演場がとても好きだった。派手だが楽な感じ、慌ただしく動くが、決まっている私の座席は安定感があり良かった。 10年前、チョコレート、アイスクリームを輸出する大企業での勤務中、公演業界への転職を決心した理由も公演場が与えてくれる安らかさと時が変わっても変わらぬアナログ的な業務プロセスが魅力的だった。

 

では,ニューヨークのブロードウェイと言えば何が思い浮かぶだろうか? 自由の女神像を思う人もいればエンパイア・ステートビル,ニューヨークタイムズ,ヤンキーズの野球競技場,セントラルパークなど様々な観光コンテンツが魅力的だ。 その中でも真っ先に思い浮かぶのはまさにブロードウェイの劇場街で行われる華麗なショーの事だ。 毎晩、華やかな衣装と照明、魅力的な俳優らは観光客を劇場に誘惑しているが、1年間、チケット販売額だけ1千億円が超えたのはもう昔のことだ。 最近のウィキッドという公演は1週間の売上額が3億円が超えたが、文化産業に従事する私にとっては未だ実には羨ましい話である。

 

我々が知っているブロードウェイミュージカルを現地従事者らはツアーリストのミュージカル、すなわち観光客のためのエンターテインメントだと言う人が多い。 昼間はニューヨークの有名な観光地を訪問し、夜には一つでも素敵な思い出作りをしたい観光客のニーズに合わせてニューヨークの夜文化は数十年間公演ビジネスを地道に発展させ都市の主要産業になった。

 

では韓国はどうであろう? 90年代半ばから外国人観光客のため公演をしなければならないというシステムが初めて始まっており、97年ナンタと貞洞(チョンドン)劇場(現在"微笑"の専用館)が外国人のマーケティングを開始した。 当時、日本の観光客が主に望んでいた事は夕方の時間には東大門市場ツアーと韓国式銭湯の垢すりが観光だったため、観光客の旅行動線を公演場に変える作業、すなわち旅行商品企画者の意識転換が優先されるべきであった。 平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの開閉幕式総監督であり、世界的な"ナンタ"を作ったソン・スンファンプロデューサーの話をお借りすれば、韓国旅行商品コースに公演観覧時間を挟むために飛行機に乗り日本へ渡り、公演のショーケースを披露することで商品企画者の心を動かし、海外現地で勤務する旅行業界の駐在員との協力により結局は東大門市場や銭湯に行く時間を変更し、外国人観光客を公演会場へ誘導できたという。

 

では、観光客向けの公演観光が始まり、20年が過ぎた今はどうなったのだろうか? 観光公社の国際行事チームの資料によると06年、全体公演観光観覧客32万人から07年42万人08年51万人と毎年成長を見せて2010年には初めて100万人を突破し、2012年には162万人まで成長することになった。 公演観光コンテンツの首都三ヶ所で今は16以上運営となっている。しかしこれからは量的な成長でなく,質的な成長が絶対的に必要な時期に来ている。 なぜなら文化産業を指し、いわゆるマスコミで語る高付加価値の結果が韓国の公演観光市場には出ていないからである。 過度に供給される公演コンテンツは生命力を失いつつあり、低価格競争と重なるマーケティング費用は良・質なコンテンツを提供できないようにしている。 優秀な人材らは好奇心で最初は文化産業という業務に陥るが、1~2年以内に公演業界から去って行く姿があまりにも残念だ。また、言葉がない言語劇(Sprechtheater)で客を引き寄せるのもかれこれ10年以上であり、引き続き作られるコンテンツ製作方式も現在のトレンドを導くことも、追いかけることすらできない現実だ。
海外先進システムの場合、良質のコンテンツが地道に生産されるよう、フラットフォームが整っている反面韓国の場合、公演・観光市場への容易な参入の壁は公演会社の相次ぐ倒産を待っているのかもしれない。

 

韓国のブロードウェイ、すなわち収益創出を通じた良き人材創、善循環構造のためにいくつか提言したい。

第一、公演チケットの偵察家がいればと思う。 チケットを売る人も複雑なほど公演チケットの価格が複雑に流通しているが単純化する必要が必ずある。

 

第二、外国人を対象としたマーケティングを行う劇場が観客の利便性のため、互いに近い所に集まってほしい。 外国人が必ず立ち寄らなければならない場所とホテル密集地域と密接な地域に公演場が位置すればなおさら良い


三つ目にに公演制作会社は観客が満足できる公演作品の質を維持するために集中できるよう、統合チケット販売所がソウル江北(カンブック)や江南(カンナム)に必ず必要だ。 ここでは観光客が希望する公演情報を提供し、チケットが購入できるように連携しなければならない。
最後に一番重要なことは韓国でしか見られない感動的なコンテンツが地道に生産されるよう創作者たちを思う存分遊べる安全な遊び場が必要ではないか。 韓国のブロードウェイは今作っていく過程にある。 "我々皆で一緒に作ってみてはどうだろうか"韓国のブロードウェイを。

 

筆者ユン・ホジョンは経営大学院MBAの修士出身であり日本、ニューヨークの専門家であるだけでなく、ブラジル、メキシコや米国、フランス、イギリス、イタリア、ベトナムなどの様々な国の人々と活発に国際交流しており、4つの外国語(英語、日本語、中国語、韓国語)が可能。 また、趣味でギターとピアノを習っており、何よりも毎日感謝と喜びに満ちた人生を最優先の目標としている。

아시아씨이앤  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

icon
icon地方自治
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌딩615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2019 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top