UPDATE : 2019.7.22 월 17:58
상단여백
HOME NEWS 문화교육 文化教育
海外でより有名な済州島‘考える庭園’ (思索之園)50年間、石や木、土を扱って捨てられた荒れ地を世界最高の盆栽庭園に衣替え
아시아씨이뉴스 | 승인2019.07.01 15:02

韓国南部に位置する済州島を訪問する際、外国人が訪問して楽しむ事ができる空間を作るためだけに50年間文字通り汗水流し完成させた‛考える庭園'(代表ソン・ボムヨン(81)。1968年から今日まで一人で荒れ地を開き一万3000坪余りの広大な土地を世界的な野外盆栽庭園に変貌し生まれ変わった華麗な庭園は済州島西方、翰京面の緑茶盆栽路に位置する。

50年という時間、約一万3千坪(万平方メートル)規模に達する盆栽庭園を設計図面なしで自ら構想して作ったこの場所には現在約100種あまり、2千点余りの盆栽と植木、水石と怪石作品があり、開場以来、毎年平均約25万人がここを訪問しており外国人観光客の割合が400%に達する済州島の名所である。
1992年7月に正式オープンしたこの庭園は国内より海外でさらに有名である。 江沢民元中国国家主席、胡錦濤、元中国主席、チュオンドンサン、前ベトナム国家主席 プサルマギンオチルバト、初代モンゴル大統領・ ハジハサナールボルキア ブルネイ国王、メガワティ元大統領・ジムボルガー、元ニュージーランド首相・中曽根康弘、元日本首相・鳩山由紀夫元首相などがここに足を運ばせ、2012年ノーベル文学賞受賞者の莫言氏とウェイシン中国美術館長ら6000人の高官がこの場所に訪れ深い感銘を受けて帰った。

▶‛考える庭園'(代表ソン・ボムヨン)

考える庭園を構想して作ってきたソン・ボムヨン院長(上段写真)は2015年から中国教科書に韓国精神文化の象徴的人物として紹介され9年生の義務教育の教材に使われているが、'漢江の奇跡として見た文化の力'というタイトルでこの庭園を‘韓国人の進取的な自強不息の象徴’と表現した。

これと共に、世界57カ国に読者を置いているアメリカで発行されている世界的な盆栽専門雑誌のInternational Bonsaiに'考える庭園'に関する特集記事が8面に渡り紹介され、この庭が世界各国盆栽専門家達にも知られる良いきっかけになり最近までもオーストラリア、ロシアなどの各国の放送局でこの庭園を紹介するドキュメンタリーが制作され、世界100カ国に放映された。

庭園の入場料は一万2千ウォン、庭園管理のために20人余りの職員達が働いており、観覧客のためのカフェ、食堂、売店といった施設を一緒に運営している。 午前11時から午後3時まで運営されるバイキング型食堂は済州産の新鮮な食材で30種類を超える料理が提供される。企業や団体のミーティングのために特別に設けられたシークレットガーデン(secret garden)では各種宴会が可能であり,韓国観光公社からKOREA Unique Venueに選定されたことがある。 観覧路には庭の名にふさわしく思索できる文章があちこち立てられており庭園内をゆっくりと見学した場合、総観覧時間は3時間以上かかる。
今日のこの時間にも多くの人々が訪問の感想を各言語で残している‘考える庭園’!忙しい日常からしばし離れて自分を見つめ直す休憩と治癒が必要な場合は訪問を積極的に勧める。

お問い合わせ・予約受付:064-772-3701 /www.spiritedgarden.com

아시아씨이뉴스  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

icon
iconPHOTOS
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌징615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2019 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top