UPDATE : 2019.8.24 토 11:41
상단여백
HOME LIFE Health
手足の爪の黒い線、皮膚がんの前兆?
아시아씨이뉴스 | 승인2018.08.30 09:37

黒色腫(メラノーマ)の診断に必須的な手足爪の組織検査は、痛く、変形する危険がある。これに研究陣が組織検査をしなくても皮膚がんの異種である黒色腫を予想する方法を考案した。

 

ソウル大学病院皮膚科のムン・ジェホ教授のチームが、手足の爪に現れる黒い線の形態と大きさで黒色腫を容易に予想する診断方法を発表した。

 

黒色腫は、手足の爪に黒い縦線が現れること以外に特別な症状が現れず、正確な診断をするために手足の爪を組織検査することが必須である。研究チームは、初期選別基準を発表し、この基準を活用すれば不必要な組織検査を減らすことができるだろうと説明した。

 

黒色腫は、悪性腫瘍の一種であり、皮膚の色素をつくるメラニン細胞ががん細胞に変わってしまい発生する。初期には特別な症状は現れないため診断が遅れることがある。腫瘍が進行すると治療が難しく、転移する可能性も高くなる。東洋人は主に手足の爪や手足の裏に症状が現れることが多い。現在までは家族、過去の疾病、手足爪の周囲の色素沈着、手足の爪の形の異常などが危険要因として提示されてきたが、定量化された診断基準は無かった。

 

研究チームは、2013年から2017年まで手足の爪の黒色爪の症状で病院に来た患者を対象に皮膚拡大鏡診断の所見を分析した。黒色爪は、メラニン細胞が色素を多く生産したり、メラニン細胞数が増加すると起きると言われている。メラニン細胞数が増加し発生する場合、悪性黒色腫の可能性がある。悪性黒色腫の場合はメラニン形成細胞ががん細胞に変化し、だんだん大きくなりながら周辺の組織を破壊する。

 

その結果、黒色腫爪の範囲が3mm以上の場合、様々な色が見える場合、非対称である場合、境界が不透明な場合、周辺に色素沈着がある場合などは、黒色腫が疑われると明かした。

 

ムン・ジェホ教授は、「手足の爪の組織検査は、痛みがひどく、検査してから永久的に爪の形が変わってしまう危険性がある」とし、「組織検査が必ず必要な患者なのか、いろんな要素を考えなければならない。」と話した。

 

この研究結果は“アメリカ医学協会皮膚科学ジャーナル(JAMA dermatology)”の最新号で発表された。

아시아씨이뉴스  asianews2015@naver.com

<저작권자 © 아시아씨이뉴스, 무단 전재 및 재배포 금지>

아시아씨이뉴스의 다른기사 보기
icon
iconOPINION
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
신문사소개기사제보광고안내불편신고개인정보취급방침이메일무단수집거부청소년보호정책
서울시 영등포구 여의대방로379, 제일빌징615호 (여의도동44-35)  |  대표전화 : 02-782-6032
팩스 : 02-782-6035  |  관리자 E-MAIL : asianews2015@naver.com
등록번호 : 서울, 아 04234  |  발행인 : 강성재  |  편집인 : 강성재  |  청소년보호책임자 : 강성재
Copyright © 2019 아시아씨이뉴스. All rights reserved.
Back to Top